民間企業の製品・技術の活用が期待される開発途上国の課題

民間企業の製品・技術の活用が期待される現地の情報を掲載しています。JICAによる支援事業に応募する際の参考情報としてご活用ください。現地詳細情報は、開発課題及び想定用途、関連するODA案件、公的機関名等が参照頂けます。 なお、応募される企画書の内容が掲載されている課題に該当している場合でも、採択されることが約束されるわけではございませんので、ご了承ください。 (最新更新日:2022年4月13日)

対象分野
対象分野詳細
地域
対象国
※複数ワードでの検索も可能(例:ラオス カンボジア)
製品・技術・ノウハウ(キーワード検索)
※複数ワードでの検索も可能(例:インフラ 流通)
最終更新日
から まで
参考動画
※個別シートの「参考動画」欄に動画リンクの記載がある課題シートを検索可能
1 - 10件 / 17
※No.のリンクをクリックしますと、個別シートにて詳細内容をご参照いただけます。
No. ▲ 対象分野 対象分野詳細 対象国 活用が想定される製品・技術・ノウハウ 参考動画 最終更新日
02-018-0028 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) タイ ・ディーゼル車両や自家用車の排気ガスから粒子状物質(PM: Particulate matter)を 減らすことができる技術(ディーゼル粒子フィルター(DPF:Diesel particulate filter)等)。
・野焼きの防止もしくは削減に直接寄与する様な再資源化・処理技術。
2021年3月11日
02-027-0029 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) ベトナム ・大気汚染物質排出量モニタリングシステムの導入
・大気汚染物質排出量データベースの構築
2020年9月30日
02-045-0030 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) モンゴル ・独立型暖房技術:高効率且つ(石炭ストーブと比較して)価格競争力を有する電気暖房ストーブ、石炭以外を熱源とした小規模暖房供給システム他
・断熱技術:廉価で施工性に優れる断熱材(または住宅ユニット)、構造体を兼ねた断熱材(または住宅ユニット)、低品質家屋の断熱改修技術他
・車両からの排ガス対策:DPF装着、電気バス導入等
2020年4月1日
02-051-0031 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) バングラデシュ 排ガス処理、大気モニタリング、PM2.5等の対策、他
同上の分析機器のIoT化、情報集約、分析処理の向上に資するIT技術の導入に期待。
2021年3月11日
02-057-0032 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) モルディブ 小型海水淡水化装置、小規模無煙焼却炉、生ごみたい肥化装置、廃ガラス・プラスチックリサイクル技術、プラスチック代替素材、船舶型廃棄物処理設備、廃棄物バイオガス化施設、参加型サンゴ等天然自然資源管理技術、サンゴ礁モニタリング用機材、太陽光・風力・波力発電、バイオガス発電、スマートコミュニティ、EMS(エネルギー管理システム)、設備省エネ技術(空調・換気・断熱等)等 2021年3月11日
02-127-0033 環境 参加型天然資源管理 ソロモン 小型ローダー、簡易型製材機 2020年9月30日
02-127-0034 環境 参加型天然資源管理 ソロモン コーヒーの品質を向上させるために日本製の水分計、パーチメント脱穀機を導入した上で品質向上が図られるようなコーヒー農家への技術指導に加え、バイヤーへ直接出荷を含む、バリューチェーンの構築等。 2020年4月1日
02-200-0035 環境 森林・自然環境保全 メキシコ、ベリーズ、ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ共和国、セントルシア ・エネルギー化:海藻を原料としたバイオエタノール等の燃料化
・商品化:海藻を原料とした製品を開発し、雇用創出と生計向上を図る。
・肥料化:有機肥料の原料として海藻を活用(セントルシア=中小企業が展開中、ベリーズ=2019年NGOが肥料化をパイロット的に実施、2020年にも継続予定)
メキシコ:資源化、洋上回収技術、堆積物除去技術、他廃棄物との混合焼却技術、焼却発電技術
2021年3月11日
02-239-0036 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) ホンジュラス 簡易で安価な汚水処理技術 2020年4月1日
02-318-0037 環境 環境管理(環境管理システム、環境モニタリング、大気汚染、有害物質管理等) エクアドル エクアドルの山岳部の宿泊・休憩施設を有する避難所を対象に、バイオトイレの試験導入、現地でのセミナー開催を通じて、バイオトイレ技術への理解促進を図るとともに、エクアドル高山地帯への導入を目指すもの。 2020年4月1日
1 2
このページは、当機構が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。