民間企業の製品・技術の活用が期待される開発途上国の課題

民間企業の製品・技術の活用が期待される現地の情報を掲載しています。JICAによる支援事業に応募する際の参考情報としてご活用ください。現地詳細情報は、開発課題及び想定用途、関連するODA案件、公的機関名等が参照頂けます。 なお、応募される企画書の内容が掲載されている課題に該当している場合でも、採択されることが約束されるわけではございませんので、ご了承ください。 (最新更新日:2020年4月1日)

対象分野
対象分野詳細
地域
対象国
※複数ワードでの検索も可能(例:ラオス カンボジア)
製品・技術・ノウハウ(キーワード検索)
※複数ワードでの検索も可能(例:インフラ 流通)
最終更新日
から まで
1 - 12件 / 12
※No.のリンクをクリックすると、個別シートにて詳細内容をご参照いただけます。
No. ▲ 対象分野 対象分野詳細 対象国 活用が想定される製品・技術・ノウハウ 最終更新日
05-024-001 産業振興 観光促進 ラオス ・観光名所入場料一括徴収システム、観光交通システム(特にICT、ITS、MaaSなどを活用し、利便性を向上するとともに環境へも配慮したもの)
・観光案内所の運営、ガイド事業者、ツアー事業者(特にロボットによる多言語対応など)
・VR、観光掲示板(歴史、文化などを開設するもの)
2020年4月1日
05-027-001 産業振興 貿易・投資促進 ベトナム 裾野産業の中小企業労働者・技術者への職業訓練・技術指導に関する技術、ノウハウ、機械・治具工具、教材など 2020年4月1日
05-060-001 産業振興 観光促進 ネパール 1. 在留資格「技能実習」の対象となる下記分野の職種・作業に関する技術及び職業訓練におけるノウハウ。
@農業関係、A漁業関係、B建設関係、C食品製造関係、D繊維・衣服関係、E機械・金属関係、Fその他(家具製作、印刷、製本、プラスチック成型、強化プラスチック成型、塗装、溶接、工業包装、紙器・段ボール箱製造、陶磁器工業製品製造、自動車整備、ビルクリーニング、介護、リネンサプライ、コンクリート製品製造、宿泊、空港グランドハンドリング)
2. 在留資格「特定技能1号」の対象となる下記14業種に関する技術及び職業訓練におけるノウハウ。
@介護業、Aビルクリーニング業、B素形材産業、C産業機械製造業、D電気・電子情報関連産業、E建設業、F造船・舶用工業、G自動車整備業、H航空業、I宿泊業、J農業、K漁業、L飲食料品製造業、M外食業
3. 日本語教育。
2020年4月1日
05-318-001 産業振興 企業競争力強化(含む金融アクセス改善) エクアドル 我が国で活用されている生産性向上(5S,カイゼン等)の実践的手法に関する教材。
製造業の企業に対して広く、質の高い品質・生産性向上のためのサービスが提供されることが重要であり、コンサルタント育成のための教材に加え、企業とコンサルタントのマッチング技術やオンラインでの簡易診断、経営指導など、ICTを活用した効率的なサービス提供のための技術の活用が想定される。
2020年4月1日
05-318-002 産業振興 企業競争力強化(含む金融アクセス改善) エクアドル 日本製の省エネ型コールドチェーン技術・ノウハウ 2020年4月1日
05-506-001 産業振興 貿易・投資促進 エチオピア 各工業団地に入居する外資系縫製企業を対象とした服飾雑貨の製造販売。
例:ファスナー、ボタン、フック、ベルト、繊維テープ、接着芯等。
2020年4月1日
05-506-002 産業振興 企業競争力強化(含む金融アクセス改善) エチオピア 日本においては公認会計士/税理士/簿記1級〜3級という階層構造の資格制度レベルに対応する形で多くの資格試験予備校により良質な教材が開発されている。そうした良質な教材のうち簿記レベルの入門教材を現地語に翻訳し安価に販売したり,教材をデジタルコンテンツ化してe-learningによって会計・税務・簿記に関する能力向上を図るビジネス展開が想定されたり、企業名をアディスアベバ都市部のホワイトカラー候補に認知させるとともに、将来的には現地での簿記学校運営や、簿記資格の制度化による市場拡大策も検討しうる。更に今後はエチオピアにおいても急速なICTの発展に伴ってフィンテックの活用も見込まれるため、簿記や記帳や決算業務の代行などの業務がなくなり、クラウド利用の会計・税務・簿記や、フィンテック会計の導入も見込まれる。 2020年4月1日
05-512-001 産業振興 企業競争力強化(含む金融アクセス改善) ガーナ 金融機関やインキュベータとの連携推進によるビジネスエコシステムの形成 2020年4月1日
05-587-001 産業振興 貿易・投資促進 コートジボワール 顔認証システム、GPS貨物追跡システム、電子通関システム、物流・商流データ収集・蓄積・分析システム、X線検査機器、国境警備用車両/監視艇、ラマン分光計等 2020年4月1日
05-636-001 産業振興 貿易・投資促進 ルワンダ On the Job Trainingの提供からオフショアリングを含む雇用の確保まで行うノウハウ・仕組み 2020年4月1日
05-636-002 産業振興 企業競争力強化(含む金融アクセス改善) ルワンダ 起業支援プログラム改善にかかる技術・ノウハウ 2020年4月1日
05-636-003 産業振興 企業競争力強化(含む金融アクセス改善) ルワンダ 国民のデジタルリテラシーを引き上げる技術・ノウハウや仕組み 2020年4月1日
1
このページは、当機構が契約する株式会社パイプドビッツ情報管理システム「スパイラル」が表示しています。